書道家 中本白洲(はくしゅう)の公式ブログ

日本人としての『たしなみ』書について学びましょう!

*

日下部鳴鶴の作品紹介と解説 中本白洲

   

白洲会書道教室では月刊競書雑誌『不二』を

学んでいます。

日下部鳴鶴はこんな人です

 

日下部鳴鶴写真

日下部鳴鶴は廻腕法の用筆で揮毫

——————————————

下記の様な書家と交流がありました。

左  日下部鳴鶴

真中 巌谷一六

右  中林梧竹

すごいメンバの写真です。

 

日下部鳴鶴 3人

漢字半紙課題が日下部鳴鶴の臨書課題

大原重徳(薩摩藩士)の名前

大久保公神道碑の一節です。

 

大原重徳

まず

中本白洲の臨書作品を紹介します

日下部鳴鶴 臨書

日下部鳴鶴は廻腕法の用筆で揮毫

*********

私は 田舎から上京して大学3年生の時、

初めて『門下生として犀水 先生の書斎で

ご指導いただいたのが鳴鶴の「津田永忠碑」

の廻腕による臨書です。

犀水先生と日下部鳴鶴との墨縁によると

大正4年犀水先生は(小倉師範学校卒業の年)

卒業旅行で上京し、西川萱南の紹介状を携え

青山の静閑堂の日下部鳴鶴(当時78歳)

に面会が出来た際『書道上達の秘訣を教えて

ください』とお尋ねされ、日下部鳴鶴から

『若き時に廻腕により腕を練っておきなさい』

と答えられたそうです。
爾来先生は鳴鶴の廻腕を極められ

後進の指導にも努められました。

犀水先生著書の『八稜研斎随録』の3ページに

筆法の基本が解説されています。

『欲竪 先横 欲横  先竪。』

竪(たて)せんと欲せば先ず横し、

横せんと欲せば先ず竪す。

とありますが、更に線質をよく観察しますと

線の妙味にすばらしいものがあります。
一字ごと、白洲会会員の皆様の為

具体的に解説します。

 

都内にも日下部鳴鶴の作を見ることが

出来ます

青山霊園に行くと

大久保公神道碑があります

日下部鳴鶴 石碑 青山

日下部鳴鶴 拓本

東京赤坂日枝神社(明治37年)

yushima

東京湯島神社(明治33年)

神社1000年祭を記念して建立

yushimas

 

 

 

下記も参照ください

http://www.ensk.co.jp/meikakunoshoukai.html

 

 

 

 

中本白洲全面監修のペン字学習教材です。

 - 月刊競書雑誌『不二』課題の解説

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

714-7
かな連綿体の書き方!極秘ノウハウです。中本白洲 

かなの連綿線(文字と文字を続ける線のこと) はこのように下の文字を受けます。 真 …

fuji
日本書道教育学会、競書雑誌(2月.3月.4月.5月.6月の『不二』課題の解説動画  中本白洲

    ************************** …

名称未設定 8
月刊誌『不二』8月 米芾の臨書、行書課題の解説 中本白洲 

  米芾は北宋の書家,画家。 米芾は北宋の書家,画家。 宋の四大家の一人で、蘇軾 …

14-20
月刊競書雑誌『不二』8月号参考手本と解説

月刊競書雑誌『不二』6~10級課題は日下部鳴鶴の臨書です。 日下部鳴鶴の身近な作 …

6gatu 10級
6月号月刊競書雑誌『不二』課題と動画解説

月刊競書雑誌『不二』6月号10級~6級課題の解説です     …

書道教室-2jpg
公共施設で楽しく学べべる書道教室。中本白洲 講師

 書道は世界に誇るわが国の独自の文化と教養です。 大切に伝統を皆様で継承いただき …

2015-4-28-kaiso
月刊競書雑誌『不二』有段課題「寒来暑往」懐素の小草書千字文の臨書の解説、白洲書道教室

この記事は白洲書道会、上級者、有段者の会員に向け書きました 千字文 千字文は「天 …

2015-1-24-6
月刊競書雑誌『不二』2月課題 日下部鳴鶴の臨書の学び方

今回は月刊競書雑誌『不二』2月号 10級から6級対象 日下部鳴鶴の臨書課題    …

6-13
月刊競書雑誌『不二』9月号 昇段課題参考手本  中本白洲

智永の真草千字文の臨書です。 『千字文』(せんじもん)は、子供に漢字を 教えるた …

方圓庵記 8月 
日本書道教育学会『不二』 9月課題 参考手本

『米芾 方円庵記』       日下部鳴鶴 忠正公神道碑 詳 …