書道家 中本白洲(はくしゅう)の公式ブログ

日本人としての『たしなみ』書について学びましょう!

*

米芾(べいふつ)『方円庵記』(ほうえんあんき)は、元豊6年(1083年、33歳)の行書碑。

      2015/07/20

競書雑誌『不二』7月は『方円庵記』が臨書課題です。ここに参考手本を揮毫しました。

2015-6-6-1

米芾書 方円庵記-よく観察してみると、6文字すべて 5~10度左に回転して、方向けています。 傾けることにより、動的で動きを感じます。

煙雲髣髴の閒(えんうんほうふつのかん)

*髣髴:ありありと想像すること。よく似ているものを見て、

そのものを思い浮かべること。「往時を―させる」

2015-6-7

石橋 鯉城先生の臨書

2015-6-6-3

中本 白洲臨書

『方円庵記』(ほうえんあんき)は、元豊6年(1083年、33歳)の行書碑。

宋代にすでに原石は失しており、現在通行するものは明代の重刻が多い。

晋人の筆致が見え、米芾の行書の中でも特に著名なものであり、王羲之・王献之の書を刻苦習得したあとがみえます。

その書風は、日本の江戸時代に珍重され、頼山陽・梁川星巌・市河米庵などが私淑しました。

書道教室-6g

初心者のかたが、多く学ぶ教室です。どうぞお気軽に体験学習ください。

 

2015-7-22-20

http://www.shodoukyoushitu.net/

 

仕事帰りに、初心者の皆様が楽しく学べる書道サークルです。

書道は世界に誇るわが国の独自の文化と教養です。

大切に伝統を皆様で継承いただき、

日本人として恥じない、書のたしなみを身につけよう!

「あなたの筆跡は心の鏡です」

(メラビアンの法則) 文字は第二のボデイランゲージとして、

相手にあなたの印象を伝達します あなたの筆跡で性格や知性が

判断されされていることをご存知ですか。

   私達の団体は公共施設の場を提供頂き、区民の皆様が 気楽に楽しく

、書の学習が出来るサークル活動をしています。

下記をクリックください

 

 

[ad#co-1]

中本白洲全面監修のペン字学習教材です。

 - 書の古典研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

井上有一の書展のご案内(~7/26)  白洲会のみなさんご覧ください

『日本の素晴らしい書の文化の継承を担う中本白洲です』 白洲会の皆様へ &nbsp …

鄭道昭 論経書誌の紹介と解説

    鄭道昭 鄭文公下碑は雲峰山ににあり。  論経書詩は特 …

月刊誌『不二』8月 米芾の臨書、行書課題の解説 中本白洲 

  米芾は北宋の書家,画家。 米芾は北宋の書家,画家。 宋の四大家の一人で、蘇軾 …

欧陽詢の字形の解析 

欧陽詢は初唐三大家一人です。 代表的な書に次のものがあります。 皇甫誕碑(こうほ …

欧陽詢『九成宮醴泉銘』の表現の秘密と書風について

  書の『表現技法』を考えてみましょう、日常生活の中で、文字に対する評 …