書道家 中本白洲(はくしゅう)の公式ブログ

日本人としての『たしなみ』書について学びましょう!

*

中本白洲の書道教室 新橋・高輪・田町・青山・銀座の学習日程

      2016/09/15

  %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-15   チャレンジしませんか!あなたも必ず上達します!

白洲書道会の日程です

nittei

10月

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-16

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-17

11月の予定

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-18

31-4

私共は社会貢献の一環として、

皆さんに書を学べる環境を提供しています。
書を楽しく学んで頂くための

教室です。

ほんの少しの勇気を 

もってあなたもチャレンジ

勉強してみませんか! 

●初心者大歓迎です!

月曜から土曜日迄毎週駅近くの教室があります

各教室は3回/月実施されています。

白洲会会員になりますと、急な残業や約束などで

予定が入っても対応出来るように

どの曜日にでも、連絡なしで参加

出来ます。


4. 私達の書道教室が日本を代表して、

外務省管轄のホームページにて海外に向けて
紹介されています。

31-1 

 

子供達は礼儀正しく先生にあいさつをするとから

始めます。

さっそく小さな墨(すみ)を水ですります。

墨ができたら、机の上に紙をセットして練習開始です。

緊張して、集中してがんばって書きます。

一生懸命書き上げた作品はどれも、

子どもたちの元気で素直な気持ちが

紙いっぱいに表現されます。

こうして日本文化を子供たちは

学び、次の世代に伝えてくれるのです。

*************************

感性のみずみずしい幼少期にこそ書道を学び、
子ども達は書道を学ぶことで、
自然に創造力や感性、集中して
物事をやり遂げる力を養うことが出来ます。
書き順のおかしい子
落ちつきの無い子
美しい字が書けない子は集まれ!
当教室には優秀な生徒が育っています!

31-6

当教室では書を学ぶと共に
礼儀正しく先生に『こんにちは、よろしくお願いします

とあいさつをして、学習が始まります。
終わると『ありがとうございました』とあいさつをし
礼儀を同時に学びます。

*****************************

[ad#co-1]

****************************

***********************************

ブログをご覧くださっている皆さん

ペン字に関して取り上げてほしいことがありましたら

コメントを書

から連絡ください。順次回答します。

***********************************

 

 

 

 

 

中本白洲全面監修のペン字学習教材です。

 - 中本白洲の書道教室

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お酒のラベル揮毫が商品になりました。 新潟銘醸頒布会限定品

  新潟銘醸 特別醸造限定品 新潟銘醸社長より、蔵シリーズのラベル揮毫 …

賞状の書き方 書き方の要領(ポイント)

    別のブログで、賞状の割付けを説明しましたが、ここでは …

公共施設で楽しく学べべる書道教室。中本白洲 講師

 書道は世界に誇るわが国の独自の文化と教養です。 大切に伝統を皆様で継承いただき …

日下部鳴鶴について解説  中本白洲

  日下部 鳴鶴 (くさかべ めいかく、本名は東作) 中林梧竹、巌谷一 …

智永千字文 『禮は尊卑を別つ』の臨書解説 

『千字文』(せんじもん)は、中国で子供に漢字を教えるために用いられた四言絶句の漢 …

NSK白洲ペン字手本大人用が開発されました

糸へんの様にすべての字形は 文部科学省の学習指導要領に準拠   &nb …

65回 伝統を踏まえ、新しい価値の創造に努める 学会展 

  白洲書道会の皆様 来年の作品作りに参照ください 器  石橋鯉城 & …

北魏「六朝楷書」作品の紹介と解説

  白洲会の皆様に、月刊競書雑誌『不二』の楷書課題が、「六朝楷書」がテーマになっ …

中本白洲が『小坂奇石』の書を解析してみました。 

    『十』ですが縦線をアンバランスに右に寄せ、縦線を傾けました。 …

月刊競書雑誌『不二』3月号 昇段試験の合格への解説

  方圓庵記(米芾)     方圓庵記(競書雑誌『 …